ダイエット 成功

リバウンドしないダイエット成功の秘訣

ダイエットのリバウンドの原因とは

ダイエットでリバウンドをしない為にはリバウンドする原因を知る事です。「痩せたい」という思いは分かりますが、無理にダイエットを行ってしまうとリバウンドしやすい体質になってしまいます。


この体質になってしまうとちょっとした事でリバウンドしてしまうので、注意が必要です。リバウンドの原因が分かれば、その原因を避けてダイエットすることが可能なので、是非知っておきましょう!


リバウンドは、体が餓鬼状態になった反動で起きやすいと言われています。ダイエットする時に一番簡単なのが食べない事。今まで、朝・昼・晩と規則正しくと言わないまでもご自身のリズムで食事をされていたのが、一気にリズムが変わってしまうと人間は異常事態と認識して栄養の補給がないなら、今あるエネルギーをコスパをあげようと頑張ります。エネルギーをできるだけ使わなくてもいい体になり、食事を摂るとできるだけ、脂肪として蓄えようと頑張るのです。


人間の生命維持能力は凄いですね。総カロリー的に問題はない食事でも、栄養バランスが崩れていたら、上記と同じ現象が起きてしまうので要注意です!なので、バナナダイエットやキャベツダイエットなど、栄養に偏りがあるダイエットがリバウンドしやすいと言われるのはこの為です。


ダイエットしたい方こそ、過度な食事制限をするのではなく、規則正しく、栄養のバランスよい食事を摂る事が重要です。

ダイエットのリバウンドをしない方法について

ダイエットでリバウンドしない為には、はじめからリバウンドの防止ができるようなダイエットの計画を立てることが、重要です。ダイエットをし、体重をただ単に減らせば終わるというものではないのがダイエットというものです。


基本的にリバウンド防止のために不可欠なことは、ダイエットで減量した体重を保ち続けることです。目標体重に到達した時点で終了してしまってはムダになってしまいます。大事なことは、目標体重をキープできるようなダイエットをすることです。


食事を減らす方法や運動量を工夫しすることで、長く続けることができるダイエットのための食事制限や運動をすることができるでしょう。


体重を減少させるために、はじめはその設定よりも運動を増やしたり、その設定よりも食事量を減らさなければなりません。食事量、運動量は目標体重を達成したら続けなければならないのは、その体重を保持するためのものです。


それが継続できなければリバウンドし、以前の体重に戻ってしまうといえます。リバウンドの反動が大きくて、ダイエット前より体重が増えてしまう人も中にはいるようです。


はじめからリバウンドをしないダイエットの計画を立てることによって、リバウンド防止をすることが可能です。リバウンド防止をするためにも目標体重をキープできる生活習慣を続けることができなければ、体重を上手に減少させても意味がなくなってしまうでしょう。

食事制限でダイエットをする方法

食事制限でダイエットをするには、普段の食事の内容を把握し、ダイエットに適したものにする事が重要です。


ただ単に、食事の量を減らして、ダイエットをするのは比較的難しくない事だと思いますが、それでは、その時ダイエットに成功したとしてもリバウンドしてしまう可能性があります。


では、食事制限で正しくダイエットするにはどうすればよいのでしょうか?まず一つが無理のない目標を立てる事が大切です。日本の成人女性の一日に摂取する目安の総カロリー数は2000klと言われています。


なので、無理なく食事制限でダイエットするには、1500kl程度を目安とし、体重の目標を10%~15%減を目指すと良いのではないでしょうか?極端な食事制限は体に不調を来たす恐れがあります。ですので、栄養バランスのよい食事でダイエットする事をお勧めします。


日本食は栄養バランスもよく、ダイエットには最適です。食事制限でのダイエットでは、和食中心の献立にしましょう。たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンの5大栄養素は極力摂取出来るよう心がけましょう。


例えば食事制限をして、カルシウム不足に陥り、骨粗しょう症になった例もあります。これではせっかく体重が減っても嬉しくありません。カロリー制限だけではなく、しっかり栄養をバランスよく摂取する事も考え、体に負担をかけず、楽しみながらダイエットする事が理想的です。

ふくらはぎダイエットとストレッチ

ダイエットしたい部位で上位に君臨しているのがふくらはぎではないでしょうか?


女性らしい服装でお洒落を楽しみたい時、大木の様な足を出したいと思う女性はいません。出来るなら、スラっとしたキレイな足を出し、スカートを履きたいとおもうはずです。スカートを履く際にふとももはなんとかかくせても、ふくらはぎの太さはなかなか隠せません。


ふくらはぎのダイエットをするなら、脂肪を燃焼する為、ふくらはぎ周りの筋肉を刺激し、より多くの脂肪を燃焼させることが重要です。ふくらはぎのストレッチはまず!アキレス腱を伸ばすことから始めましょう。


アキレス腱を意識しながら全身をぐっと伸ばすとふくらはぎの部分が伸びているのが分かると思います。足先を上下に動かしたりして、ふくらはぎをのばしたり、緩めたりもしましょう。そうすることで、ふくらはぎの筋肉が動くと共に、足先にたまっていた老廃物を流しやすくなります。


人間の体には重力がかかっていますので、下へ下へと力がかかっているのですが、血流が全身を回る際に、足先から心臓方面へはポンプみたいな役割のひだがあり、それで血液を循環しています。それが、筋肉が動かない事で、ポンプの勢いも弱くなり、老廃物なんかも足にたまりやすくなるのです。


足がむくむのはこの現状の事を言います。ふくらはぎのストレッチをすると、むくみ解消にもなりますし、余計な脂肪が燃焼されやすくなるので、1日2回等、少なくてもいいので回数を決め、継続していく事で、キレイなふくらはぎを手に入れることが可能になります。


機器を使用してふくらはぎのダイエットをすることも今は可能となっています。
例えばこのサイト
ボニックの口コミ評判に要注意※効果なし?
などでは、ボニックというダイエット器具を用いてふくらはぎの脂肪と落とす方法を記載しています。

機器を使ってのふくらはぎダイエットの手法もあることを知っておきましょう。

メニュー

サイトマップ